日本経済問題

著書・編著
『事業再生って何だろう?』
 東洋経済新報社,2005年5月5日(柳川範之+柳川研究室編著)
『平成不況の論点 ―検証・失われた十年― 』 東洋経済新報社,2004年,p.192<ISBN4-492-39422-2>(大竹文雄と編著)
『経済学の進路 地球時代の経済分析』 慶應義塾大学出版会,2004年,p.403<ISBN4-7664-1060-2>(嘉冶佐保子・白井義昌・津曲正俊と編著)
『不良債権って何だろう?』 東洋経済新報社,2002年(柳川範之+柳川研究室編著)

 

論文

『戦後日本における政策実施:政党と官僚―住専処理から』村松岐夫・奥野正寛編著 『平成バブルの研究 下―崩壊後の不況と不良債権処理 崩壊編』東洋経済新報社,2002年,pp.3-50(松村岐夫と共著)
『IT革命』時代に求められるもの』『エコノミックス』4,東洋経済新報社,2001年,pp.10-27
『『世界標準』獲得で勝つ』Voice4月号,PHP,2010年3月10日発行,pp.82-87
『情報の経済学で読み解く事件の裏側』『経済セミナー』No.622,日本評論社,2006年12月,pp.12-15
『魅力ある集積の形成に向けて―白書に見る東アジアにおける日本の役割―』『経済産業ジャーナル』8,no.376,財団法人・経済産業調査会,2002年,pp.12-13
『日本経済システム改革への経済学的視点』『ESP 制度設計の経済学』DECEMBER,2006,No.416,(社)経済企画協会,pp.4-16

コメントは受け付けていません。