金融

著書・編著
『これからの金融がわかる本』 東洋経済新報社,2007年9月20日(柳川範之+柳川研究室編著)
『事業再生って何だろう?』 東洋経済新報社,2005年5月5日(柳川範之+柳川研究室編著)
『不良債権って何だろう?』 東洋経済新報社,2002年(柳川範之+柳川研究室編著)
『流動性の経済学―金融市場への新たな視点―』 東洋経済新報社,2002年(齋藤誠と編著)

 

論文

『復興に民間の資金と知恵の活用を』 『東日本大震災からの復興に向けた提言』,日本政策投資銀行設備投資研究所[発行・編者],2011年4月28日発行,pp.335-338
『「つぶせない企業」の根拠』週刊金融財政事情,2010年2月22日発行,(社)金融財政事情研究会発行,pp.10-13
『商業信用合同的履行概率,其外部性及現金需求-中国案例』 金融研究,2009年7月期 第349期,pp.25-37(渡辺真理子と共著)
“The Rise of Bank-Related Corporate Revival Funds”, Corporate Governance in Japan-Institute Change and organizational Diversity Edited by Masahiko Aoki, Gregory Jackson and Hideaki Miyajima, Oxford University Press, 2007.
“Trade Credit and Imperfect Enforcement,” in Watanabe, Mariko ed. (2006) Recovering Financial Systems: China and Asian Transition Economies, N.Y: IDE-JETRO, Palgrave Macmillan, pp.85-96.
『日本の金融システムのどこに問題があるのか―市場型間接金融による克服』(池尾和人と共著)池尾和人・財務省財務総合政策研究所編著『市場型間接金融の経済分析』日本評論社,2006年5月20日,pp.3-26
『進化するリバース・モーゲージ』永田俊一編『信託改革 金融ビジネスはこう変わる』日本経済新聞社,2005年5月17日
『新信託型リバースモーゲージ-リバースモーゲージと信託の役割-』『信託』NO.222号,社団法人信託協会,2005年5月25日,pp.47-50
“Liquidity Demand of the Corporate Sector and Soft Budget Constraint,” Edited by Hiroshi Osano and Toshiaki Tachibanaki in BANKING, CAPITAL MARKETS AND CORPORATE GOVERNANCE, 2003, pp.13-30.
『ハイリスク・ハイリターン企業への適正金利は経済活性化につながる』『週刊金融財政事情』54(26),金融財政事情研究会,2003年,pp.12-16
『戦後日本における政策実施:政党と官僚―住専処理から』村松岐夫・奥野正寛編著 『平成バブルの研究 下―崩壊後の不況と不良債権処理 崩壊編』東洋経済新報社,2002年,pp.3-50(松村岐夫と共著)
『流動性の経済学について』齋藤誠・柳川範之編著『流動性の経済学』 東洋経済新報社,2002年,pp.1-21 (齋藤誠と共著)
『流動性とマクロ経済変動』齋藤誠・柳川範之編著『流動性の経済学』 東洋経済新報社,2002年,pp.79-99
『流動性需要と資産価格形成:わが国の定期的決済慣行における検証』齋藤誠・柳川範之編著『流動性の経済学』東洋経済新報社,2002年,pp.127-156 (斎藤誠・白塚重典・渡辺努と共著)
『新しい金融制度・金融規制のあり方』斎藤誠編著『日本の『金融再生』戦略 新たなシステムの構築をどうするか』中央経済社,2002年,pp.101-131
『貨幣の機能と決済システム―理論的考察―』『三田学会雑誌』84(2),1991年,pp.7-31 (伊藤元重と共著)

 

その他

信託経済コンファレンス『産業・社会構造の変化に対応しうる信託』『信託』通巻245号,2011年季刊第Ⅰ号,社団法人信託協会,2011年2月25日発行,pp.79-86
『証券化の光と影―今後の可能性を考える』交詢雑誌No.544,2010年9月20日発行,pp.39-61
『危機時の規制のあり方と会計基準のコンバージェンス』(パネルディスカッション)(柳川範之・黒坂佳央・黒沼悦郎・斎藤静樹)武蔵大学論集,第58巻,第一号
『社会保障制度改革と信託(2)』『信託』通巻229号,2007年季刊第Ⅰ号,社団法人信託協会,2007年2月25日,pp.376-383
『市場型間接金融と信託』『信託』通巻225号2006年季刊第Ⅰ号,社団法人信託協会,2006年2月25日,pp.67-73
『早期M&Aで事業再生を』『marr』9・10合併号,レコフ,2003年,p.6
『動き始めた『産業再生機構』、その狙いと役割』『NOVA』2003季刊・秋号,VOL.76,日立キャピタル株式会社,2003年,p.11
『不良債権を抱えた銀行のチキンレースに終止符!』『週刊宝島』2.26,no592,宝島社,2003年,p.35
『銀行経営に求められるもの』『全銀協集合研修レポート~第8回全銀協研修会~』2003年,p.2
『不良債権とは何か。誰によって、どう処理されるべきか』『月刊プロパティマネジメント』11,no.028,綜合ユニコム株式会社,2002年,pp.24-26
『不良債権』『不良債権の直接償却/間接償却』『不良債権の売却~なぜ外資に売却するのか~』『金融緩和政策・デフレと不良債権』『現代用語の基礎知識』 2003,自由国民社,2002年,pp.357-360 (柳川研究室と共著)

コメントは受け付けていません。