コンテンツ産業

著書・編著
『フリーコピーの経済学』 日本経済新聞出版社,2008年7月22日(新宅純二郎と編著)
『ゲーム産業の経済分析―コンテンツ産業発展の構造と戦略―』 東洋経済新報社,2003年,p.380<ISBN4-492-31319-2>(新宅純二郎・田中辰雄と編著)

 

論文

『コンテンツ産業の経済学』『経済セミナー』8,No.595,日本評論社,2004年,pp.12-15
『ゲーム産業はいかにして成功したか―アーキテクチャ戦争の役割』青木昌彦・安藤晴彦編著 『モジュール化―新しい産業アーキテクチャの本質』東洋経済新報社,2002年,pp.145-168
『ゲーム産業にみるイノベーションの構造―リーダーシップの重要性』伊藤秀史編著『日本企業変革期の選択 The Japanese Firm in Transition』東洋経済新報社,2002年,pp.337-363(水木和幸と共著)
『企業活動の変容:ゲーム産業にみる産業構造へのインパクト』奥野正寛・竹村彰通・新宅純二郎編著『電子社会と市場経済―情報化と経済システムの変容』新世社,2002年,pp.69-93
『家庭用ビデオゲーム産業の経済分析―新しい企業結合の視点』青木昌彦・寺西重朗編著 『転換期の東アジアと日本企業』東洋経済新報社,2000年,pp.355-404(桑山上と共著)

コメントは受け付けていません。